イオンカード:お買い物が5%割引き、盗難保証料が年会費永年無料
まいどプラス:ガソリン・軽油がいつでも2円/L引!年会費永年無料
楽天カード:すぐに得する!2000円分のポイント全員にプレゼント!年会費永年無料

2005年09月09日

夜遅く食べると太る仕組み

夜遅く、ものを食べると太るとよく言われているが
それが分子レベルで証明されたようです。

このほど生体リズムを刻む体内時計を調節しているたんぱく質が、
細胞内への脂肪の蓄積と密接に関係していることが、
日本大薬学部(千葉県船橋市)の榛葉繁紀(しんばしげき)
専任講師(衛生化学)らの研究で分かりました。

このたんぱく質は昼間は体内でほとんど作られず、深夜になると増えると
科学誌の「米国科学アカデミー紀要」電子版に論文が掲載された。

たんぱく質は「BMAL1」と呼ばれる。DNAに結合し、
体内時計が正常に働くよう調節する働きがある。

榛葉講師らは、細胞内にBMAL1の量が
多いと、脂肪の量も多いことに着目した。

そこで遺伝子操作で、BMAL1を持たないマウスの
細胞を作り、脂肪の蓄積の様子を調べた。

この細胞にインスリンなどを加えて、
栄養過剰の状態にしても、細胞内の脂肪は増えなかった。

一方、皮膚などに存在する脂肪を
蓄えない細胞には本来、BMAL1はほとんどない。

こちらの細胞を遺伝子操作し、BMAL1を大量に
作らせる実験をすると、細胞内には脂肪が蓄積された。

他の実験から、BMAL1は、脂肪酸や
コレステロールの合成を促進していることも分かった。

このため、BMAL1が脂肪の蓄積に必要だと結論づけた。

榛葉講師は「体内のBMAL1の量は、一日のうち午後10時から
午前2時ごろが最高で、最も少ない午後3時ごろの約20倍に達する。

この結果から夜遅くの食事を避ければ
肥満予防につながるのではないか」と話している。【下桐実雅子】


やっぱり夜、遅くの夜食とかはダイエットにとって
絶対ダメなんですね・・・(^_^;)


どんなに夜におなかがすいても我慢して水でも飲んで寝なきゃ・・・(^_^;)
でも夜のラーメンとか、美味しいんですよねぇ〜。 う〜ん・・・・。




ブログランキングにワンクリックお願いします!励みになります! ^m^

posted by みち at 16:00| Comment(2) | TrackBack(1) | ダイエット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

人気ダイエット食品広告に排除命令

人気ダイエット食品「BOWS(ボウス)」の宣伝内容に
合理的根拠を示さなかったとして、公正取引委員会は8日、
景品表示法違反(優良誤認)で、ボウスを販売する健康食品販売会社
バリアスラボラトリーズ(東京)に訂正広告を出すよう排除命令を出したそうです。

ボウスは、2001年2月の販売開始以来、
同社が04年12月までに約105億円を売り上げたヒット商品。


油分の吸収が阻害され摂取カロリーが大幅に減少したり、
多くの使用者にやせる効果があるという調査結果があるように表示していた。
またアンケートで多くの人が結果に満足しているかのように宣伝した。

しかし公取委が宣伝内容に関する根拠を示すよう求め、
会社側から提出された資料を検討。


その結果、アンケートで実際より満足している人の割合が
多くなるように集計したことなどが分かり、
広告表示の裏付けとなる合理的根拠は示せなかったそうです。

いろいろとダイエット食品がありますが注意したいものですね。


私もボウズが流行っていたころ、とても惹かれた思い出があります。


ブログランキングにワンクリックお願いします!励みになります! ^m^

posted by みち at 15:37| Comment(0) | TrackBack(1) | ダイエット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。